学校司書養成にかかる履修証明プログラムの現状と課題

要旨

2016年11月、文部科学省は全国の国公私立大学等に対して「「学校司書のモデルカリキュラム」について(通知)」を送っている。また、同省は、同月に、各都道府県教育委員会等に宛てて「学校図書館の整備充実について(通知)」を発し、その別添資料として「学校図書館ガイドライン」及び「学校司書のモデルカリキュラム」を示している。背景には、学校図書館法の一部改正、「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」の設置、同協力者会議による「これからの学校図書館の整備充実について(報告)」がある。なお、学校図書館法第6条における学校司書は、司書教諭と異なり配置努力義務であるため、学校司書の資格・養成に関するモデルカリキュラムとしたものである。今回の「通知」は、これら一連の流れを背景として、全国の国公私立大学等に対して学校司書養成への「呼びかけ」と考えられる。  本稿では、この「通知」について検討を行うと共に、2017年度より、いくつかの大学等でこれに対応した学校司書養成プログラムの実施や検討が進められている点に鑑み、その内容について検討を進める。
PDF