電子タグの導入と出版流通合理化

要旨

出版物に電子タグを装着することによって出版流通の合理化を図ろうとする試みが、日本の出版業界において始まっている。本研究では、第1に出版業界における電子タグ導入の経緯および実証実験の結果を検証し、第2に図書コードを背景とした出版流通合理化の歴史的展開の中に電子タグ問題を位置づけ、第3に今後の出版コンテンツの流通のあり方を展望する
PDF (English)