デジタル・リソースの所有と使用に関する一考察

要旨

デジタル・ネットワークが普及し、その利用技術が発達してきたため、コンピューティング・パワーの確保について「所有から使用へ」とでもレッテルを張るのが可能な状況が生まれている。しかし、技術が発達すれば所有から使用へ一方的に流れるという単純なものではない。また、デジタル・ネットワークが発達した時代には、知的財産あるいは著作物でありさえすれば、それを刻印した有体物の流通というくびきから逃れて流通しうる--という意見がある。これをもとに、「所有への対価から使用への対価へ」とでも呼ぶべき変化が起きているとの論議があるが、これもそう単純ではない。鑑賞の対象となる知的財産と、ソフトウェアや特許など効用をもたらすことが主目的である知的財産とは、分けて考える必要がある。さらに、デジタル・ネットワークの発達、および、所有から使用への意識の転換--の2点からよく言及される、pay per use、pay per viewと互恵指向経済との関係についても、慎重な検討が必要である。pay per viewと投げ銭の類とでは、その性質が、一瞥すると似て見えても、大きく異なる。

In recent years, the digital network spread and the use technology has progressed. Therefore some people say that the trend, "possession to use" has been ensured on reservation of computing power. However, it is not so simple that "possession to use" transforming flows on one-way street as technology progresses. It is true that when the digital network progressed, intellectual properties or authoring work can be circulated freely from the constraints of physical media. According to this trend, some people also say that the change, "the countervalue to the use from the countervalue to possession" is ensured. However, it is not so simple too. We have to divide and consider the intellectual property set as the object of appreciation, and the intellectual property mainly focus on usefullness, such as software and a patent. Furthermore, a prudent examination is required also on the proposition as follows: the development of a digital network and the trend, "possession to use" brought methods of pay per use or pay per view, and they are the foreboding change of flowering of reciprocating economy. Tips to artists in a cyber-plaza and pay per view seem alike at a glance. However, the bottom lines of them differ greatly.

PDF (English)