A Mechanism for Location Based Library Services - Implementing Remote Book Lending System using Open Source Software -

要旨

GIS and Location Based Services (LBS) have now matured and can be applied in many aspects of social life. In Japan, several public services such as banking, postal and courier delivery are provided through “always open” convenience stores. There is an increasing possibility to offer LBS through a dense network of convenience stores. One of the socially relevant services that is already being implemented by some local governments in Japan is the delivery of books from public libraries to designated convenience store specified by the library member. In this paper, we describe an online system for remote book lending/delivery by integrating OPAC, Web-GIS and shopping cart functionality in a single application. Such a GIS-aware book lending/delivery system will not only enable optimal use of library material but may also allow easy and convenient access to public library resources.

概要: 現在,GISや位置情報サービス(LBS)は発展し, 現代社会生活の多くの面において応用されている.日本では銀行,郵便,宅配便などの多様な公共サービスが24時間365日営業のコンビニエンスストア(以下,コンビニ)によって取り扱われている.密度の高いコンビニのネットワークを利用して,様々なLBSが利用できる.その一つがコンビニを通じた図書貸出/配達システムである.このシステムは社会サービスに関係した一つの例として考えられ,実際にいくつかの地方自治体によってすでに導入されている.これは利用者が希望した図書を指定されたコンビニで受け取ることができるサービスである.本論文ではOPAC,Web-GISおよびショッピングカート(買い物かご)アプリケーションを一つのオンラインシステムに統合したリモート図書貸出/配達システムについて述べる.GISを利用した図書貸出/配達システムは,公共の図書資源を最大限に利用でき,簡単で便利な環境を利用者に提供できる.

PDF (English)