大学図書館サービスの高度化モデル - 情報リテラシーと図書館員の役割 -

要旨

情報リテラシーとは、情報をうまく利用して知的生産活動や創造活動を進 める際の情報に関する基礎能力のことで、知的生産・創造活動の中心である 大学ではその重要性は大きいと言えよう。本来、図書館の主たる役割は資料 の保存と貸出であったが、IT(Information Technology)化の進展に伴って資 料の検索や入手の方法が、パソコンやネットワークを利用して行われるよう になり、その方法は多様でかつ高度になってきている。そのために従来の利 用者教育に加えてコンピュータを駆使した方法を取り入れるようになり、情 報リテラシー教育の一環をなすようになってきている。こうした変化に対応 して図書館員の役割もまた変化してきている。本研究の目的は、大学で行わ れている利用者教育の具体的な事例の検討を通して、大学図書館における利 用者教育の高度化としての情報リテラシー教育のあり方、その内容と方法、 図書館員の役割を明らかにすることにある。併せて教養教育における情報リ テラシー教育の必要性についてもまとめることである。
PDF (English)