OpenOffice.org に対する提案 ---統合開発環境による開発と拡張可能な簡易エディタ---

要旨

本論文は,コンピュータソフトウェアのソースコードやバイナリーコード を世界規模で共有し,開発するというスタイルを取るオープンソースソフ トウェアの一つであるO±ce Suite のOpenOffice.org をターゲットとして いる. 現在のOpenOffice.org は,コマンドを入力してコンピュータに指示 するCharacter User Interface(以下,CUI),で開発がなされている.本論 文では,統合開発環境(Integrate Development Environment,以下IDE) と して,オープンソースソフトウェアのIDE であるEclipse を使用する. Eclipse を使用してOpenOffice.org の実行形式の生成方法について論述する. 次に,OpenOffice.org のワードプロセッサWriter に含まれる,最小限の 機能セットを検討する. 検討した最小限の機能セットをooEditor として 定義して,後から必要な機能を付け加えるモジュールとしてプラグイン機 能について論述ずる. ooEditor に機能を組込む際に,各プラグインの持っている機能を調整する 仕組としてプラグイン間に依存関係を記述する.
PDF (English)